結婚までの道のり そのよん

  • 2007/09/28(金) 13:33:01

 のんびりと書き進めてきた結婚までの道のりですが、そろそろ大詰めと相成りました。
 結婚式まであと一ヶ月を切ってから当日までのゴタゴタを思い出してみます。


 六月下旬。招待状の返事がほぼ届き、席次表作成にとりかかることに(ちなみに席札は式場のプラン内に入ってたのでお願いしています)。
 式場で準備してもらうこともできるのですが、手作りがすき(下手の横好き)なので、ワードアートの無料テンプレートを使って自分なりにアレンジしました。三日くらいかかった気がします(汗)。

 最終打ち合わせが七月七日。
 2007年7月7日。
 今年は「7」が三つ並ぶから縁起がよいと全世界的に結婚式が多かったそうです。スリーセブン。
 現に、旦那とあたくしが打ち合わせに行ったときも、36組のカップルが挙式を行ってまして(笑)、みなさんいろいろ考えてるんだなぁとしみじみしてしまったものです。
 一日で36組も結婚式挙げちゃうことできるんだなぁ……

 最終打ち合わせでは殆ど決定したことの確認事項。
 そしてあたくしが結婚休暇に入り、手作りグッズ(席札の裏にメッセージを書いたり、プチギフトとして焼き菓子を焼いたり、ウェルカムボードの装飾をしたり、リングピロー縫ったり)の準備をはじめます。ここでもう式まで十日切ってます。
 旦那は相変わらず仕事しながら、時間があれば会いに来て、産婦人科の健診についてきたり、演出を考えたり、それなりに協力してくれました。
 一緒に暮らしてないのでストレスが溜まって喧嘩したということはなかったです。ちょっとは言い合ったりした気がしないでもないけど。

 そしてアイテムの持込。手作りグッズもどうにか完成〜。
 そのままドレスの最終フィッティングへ。
 五ヶ月目だったためお腹がすこしばかしおおきくなって着られなくなってるんじゃないかとビクビクしてましたが余裕でした。ホッ。
 そして結婚式の前日に最後のウェディングエステへ。お肌をピカピカにしてもらい、シェービングをして準備完了!


 そして翌日、2007年7月21日。
 いよいよ結婚式当日を迎えるのであります……






ひとやすみ

  • 2007/09/26(水) 12:55:13

 ご無沙汰してましたひらいむつみです。
 さてさて「結婚までの道のり そのよん」の前にひとやすみ。

 今日は昨日行ってきた病院のはなし。
 妊娠八ヶ月ともなるとすでに後期らしく、そろそろ身体も重たくなっていくのであります。
 今回から二週間ごとの健診になって、いつものように血圧、体重測定、検尿を行い、診察をするのであります。
 旦那はお腹の子どものことを「ハラノコ」と呼んでいます。
 性別はまだわかりません。このあいだエコーで調べてもらおうとしたら「へその緒で隠れててわからない」と言われてしまいました(汗)。
 だから未だに「ハラノコ」です。
 ベビー用品も女の子か男の子かわからないので卵色で揃えることになりそう。別に男の子がピンクでもいいと思うのですが(笑)。

 んで、29週目にしてハラノコの体重は推定1600g。
「おおきいですねー」
 医者さんそれしか言いません。
 やっぱりおおきいんでしょう。生まれてくるとき果たして何gなのでせう。
 んでもって体重気をつけましょうねと言われてしまいました。
 妊娠前の体重から気づけば10kgオーバー。
 まだ体重制限とか厳しいことは言われてないけど、そろそろ気をつけないといけなそうです。産後太りで20kg増えるひととかいるらしいからなぁ。

 あと二ヶ月ちょっとで出産です。なんだかあっという間だなぁ……






結婚までの道のり そのさん

  • 2007/09/21(金) 12:12:46

 さてさて結婚することが決まり、当社比三倍くらいの速さで結婚準備は進んでいきます。


 ゴールデンウィーク突入とともに結婚式場探しを開始!
 ブライダルフェアを三箇所くらいまわって、そのなかで最初に気に入った式場を選択。予算がオーバーしてると旦那がごねてたけど一生に一度のことだからとそれぞれの親の援助に甘えてしまいました(笑)。
 式場を決めたのが2007年5月8日。
 挙式日が2007年7月21日。
 ちょうどそのとき妊娠五ヶ月後半くらいで、ギリギリお腹がでてこないくらいだとのことで決定。
 ……実質、三ヶ月もない準備期間でありました(苦笑)。

 最初の打ち合わせでおおまかなことを話し合い、
 翌週にはドレスの試着。
 最近は4人に1人が「できちゃった婚」らしいのでドレスの種類も豊富(笑)。
 とはいえ、お腹がおおきくなる前なので別に専用のドレスじゃなくても大丈夫でした。
 結局、7〜11号までサイズが変更できるホワイトベージュのドレスを選びました♪ 最初に着て気に入ったのであります。

 とはいえ式は神前式。
 更にその翌週、着物を選ぶのに四苦八苦、白無垢が似合わなくて(なんかねずみおとこみたいだった)黒の引き振袖を着ることに。
 結局すべての衣装を決めたのは五月下旬、
 ちなみに旦那は186cmとでかいため袴を「おとりよせ」する始末(笑)。
 新郎186cm、新婦169cm。
 でかいから目立つんです!

 そのあいだにも打ち合わせはつづき、
 マタニティウェディングでも大丈夫なドレス用下着を買ったり、
 合間に披露宴の際にでてくるお料理の試食会に参加したり、
 美容院でヘアスタイルやメイクについて相談したり、
 引き出物を選びに行ったり、
 指輪交換の結婚指輪をふたたび宝石問屋に行って購入したり、
 演出を決めたり司会者を探したり席次表をつくったり、
 その間に病院行って妊娠中の経過をみたり、
 役所で籍を入れたり、
 母子手帳を発行してもらったり、
 急に体重が5kg増えて慌てたりで。

 よくもまあ仕事しながら結婚準備できたなあと思う今日この頃。
 妊娠初期でつわりがたいしてなかったからこれだけ動けたんだろうなぁ。
 そんなわけで五月、六月はてんやわんやでありました。


 もうちょっとだけ後日に続く♪






結婚までの道のり そのに

  • 2007/09/19(水) 11:46:44

 と、いうわけで誰が読んでいるかはさておき。
 昨日のつづきでございます。


 2007年4月14日、妊娠検査薬にて「陽性」判明。
 その日の夜に旦那が実家に挨拶に来て、「むつみさんと結婚させてください!」と我が家のご両親とご対面。
 旦那は殴られること覚悟でうちに来たらしいがそんなこともなく。
 結婚の許可はあっさりおりたのでありました。

 が。
 ここにきて父上。
「婿養子になる気はないかい?」

 ……えっと、娘のあたくしも初耳なのですがソレ。

 彼のお嫁さんになるものだとずっと思い込んでいたのですが。
 ここにきて婿取りですか!?
 旦那も絶句。

 まあたしかに自分、長女だし実家は土地つき一戸建てで墓もあるわけでその辺の相続とか考えなきゃいけなかったみたいですが(汗)。妹はまだ学生だし(でも「おねーちゃんが嫁入りするならわたしがここをもらう!」と言ってた気がする……将来的には売却してそのお金をふたりで分け合うことになるのかなぁ、まだまだずぅっと先の話になるだろうけど)。
 ひとりじゃ決められないので旦那は「考えさせてください」と我が家をあとにするのでありました。両親とも話し合わなきゃと言ってたし。
 でも、旦那も長男だし、無茶な話だったりするのです。
 それから数日後、旦那は正式に婿養子の話をお断りし、あたくしの嫁入りが決定したのでありますた。

 2007年4月21日、旦那と一緒に御徒町の宝石問屋へ。
 お金がない旦那が婚約指輪を買ってくれました。
 ある意味婚約記念品なのでしょう。
 プラチナダイヤモンド0.7カラット。真ん中にはピンクダイヤが入ってます。
 メレダイヤだしオーダーメイドではないのでそれほど高価なものではないけど(宝石問屋で買ってる時点で生臭い)、睡蓮の花みたいなデザインがお気に入りです。

 その数日後、母上とデパートで純銀製の懐中時計を購入。
 婚約記念品として指輪をいただくかわりに旦那に懐中時計を送ることにしたのであります。

 そして2007年4月28日、結納じゃないけど似たような感じの両家顔合わせ。
 料亭の個室を貸し切り、豆腐料理を食べながら今後のことを話し合ったのでありました。
 ここで子どもが生まれる前に結婚式をしちゃいましょう、という結論が出たのであります。
 そして、旦那と婚約記念品の交換。汗っかきな旦那は腕時計より懐中時計が欲しいと前から言ってたのでとても喜んでくれたのでした♪

 ゴールデンウィーク突入とともに、本格的な結婚式準備がスタートです!


 まだまだ後日につづく☆






結婚までの道のり そのいち

  • 2007/09/18(火) 11:27:08

 三連休は実際のところ三連休ではなく、休み→仕事→休みと過ぎていきました。
 土曜日は旦那の実家で赤ちゃん用品を下調べ。
 実は妊娠七ヶ月です(笑)。
 今日は旦那と結婚に至るまでのちょっとした小話を。


 あたくしと旦那は学生時代からの腐れ縁であります。
 たぶん今年で知り合って七年目くらい。
 大学入った最初の夏に告白されて、くっついたりはなれたりを繰り返し、気づけばすったもんだで社会人になり、三年が経過。
 お互い「いつまでも一緒にいたいねー」なんて言い合って、将来の約束をするものの、結婚式とか家族計画とか人生計画とかそういったことは何も具体化しておりませんでした。
 そろそろ結婚について考えたほうがいいのかな? なんて思っていたら。

 今年の四月に妊娠発覚☆

 お腹の赤ちゃんが結婚にむけて自分たちの背中をポンって押してくれたような気がしました。
 世間ではこれも「できちゃった婚」と呼ぶのでしょうか? 旦那は「できちゃった」って言葉が嫌いだからと「おめでた!」と言い張ってますが(笑)。
 お互いの両親は驚きはしていたものの反対はしませんでした。長年の付き合いでお互いの実家を行き来してたこともあり、結婚話が速攻で進むことに。

 とはいえ、結婚式について具体的なこととかは全然考えてなく。
 お互いの両親が「子どもが生まれる前に式を挙げろ」「子どもが生まれてから式を挙げろ」と意見が食い違ったり、「婿養子になる気はないかい?」なんて父親が突拍子もない発言をしたり、「そんなにお金ないよ」と結婚式しないで籍だけでいいと旦那がマリッジブルー入ったりで。

 ……あのぉ、新婦はマリッジブルーとマタニティブルーがダブルパンチなんですけど?

 そんなこんなで結納もどきの両家顔合わせをどーにか終え、子どもを生む前に結婚式をしちゃおう! という展開になったのであります。


 つづきはまた後日♪